職場での行動は状況に応じてほとんどが受動的選択で行われており

職場での行動は状況に応じてほとんどが受動的選択で行われており、能動的、主体的である場合は少ない。それがサラリー・パソンの職業生活であると考えている。皆が好き勝手にやれば、仕事は進展しない。「何もしたくない」ことがまったくない人は、何かしていないと不安になって落着かないか、感情を抑し殺しているか、スーパーマンに思えるが。第五章ti:会i~Ji太か決:1JJJUIのiJtjj;か現代のす少年に非社会的問題行動がけ立つのは、少産紘家族て兄潟、山本政数が少なくな小中生の時から勉強やお稿トけで忙しく、友述と遊ぶ時間がなかったり、フえに、ム疎述になるかの同紙端て、っているテレビや人間間係が常心するか、ビデオとい剛山いひとり遊びができるから、テレビゲJM山川均心、lほどよいスタンスを似つ関係がっくりにくくなってい’るのが以内てはないか。以でっかちな子供にする社会、教育システムをそのままにしておいて、少作になってからの傾向を無礼と分析しても乎巡れ.であろう。それよりも、札口少年には立欲が先仰できる機会や坊を提供するほうがベターである。い桃山・以-な人は、山げに--われでも、そ--に’分を変えられない。いつの時代も小、刈年は打い叶一代を頼りなく感じ、正おは既成社-ムに一以抗して改午ぞボめだが、じ0年代以降の川は舛台が川際化した治訓幣一に励川をあげて店業構法の転倹川.胞といえば、。政治に関しては怠識のギ守ツプが大きす本は、。続令制小心で政治は引なかれ、正義を決め込んでいるからが打が児議ぞだしにくいなのであろう。それよりもれになったのは、インタビューの川、二代の引性に一凡、ん桃山川力とまちが。くに二0年代後半にけ立ち、恋愛などの口ごもる神経が山放れている印象われそうな波労感が見え隠れしたこと.である例人行動、ても、と、「内分がやっても:::」。「而倒くさい」総統み、、ー、rhE、ノて諦めれバ分が強い。身近な例を上げれば、疲れてリラックスしている時、周りから口をだされると煩わしいと感じる、あの雰囲気には、他人を求めたい、意志の疎通をはかりたい気持があっても、行動に及ばないような、自分でない自分を抱え込んでいるみたいな感じがある。「うして?」と問〈と、「こんな毎日でいいのかな1」「営々と働いても家一軒、買えるわけじゃないし」「今、決めても先がうなるかわからないから」と、てんでんバラバラな肱きがもれてくる。彼らの気持は、二一世紀にかけて世界が大きく変わっている時だった。