伐はどうするか。多分、ずっとは会社にはいないと思う。相続した

伐はどうするか。多分、ずっとは会社にはいないと思う。相続した不肋必ぞ布効に生かしたいし、サラリーマンて山山附するには、会社に人午.俸げなくちゃいけないみたい。伐はタイプじゃないから」楠円ハ山凡さん(二九)は、一店日夜一時過ぎまで働いている。「判八時過ぎに出勤して、川竹一聞は会社で事務的な仕いやそして、夜、セールスに川る。外川、お存さんを訪ねても印刷守なんですよ。日眼目は外川り。竹本は大変だけど、社会人として仕事を一泊して向分を成長させなくちゃ仕方がないと思ってる。什の中がどう動いているか、で出会って仕事を通じて理解するしかない。社員同士やお存さんの人間関係も大切だし。一卜子なことすれば会社の伝川傷つけるから点任感もある。他社との競争はれけたくないし。泊四税の実施前は駆込み前提てすごかった。その分、後が大変だけど。社以旅行、て年に二同も海外へ行った。独止して’分で販売店を開〈手もあるけ、今はまだ将来を具体的に考えていない」仕事の話を聞いていると、二代は模様眺めの様子が窺える。彼らはか人生五スタートした中、高年と違って、子供の頃からか人生八年を描いており、恋愛や結婚に関してもよりも、仕事を熱心に話す。先行きと言っても、速い将来ではな〈、二、三年先で三歳をひとつの区切りにしたいと考えているようである。それにしても、誰ひとり「定年まで今の会社にいる」と断言しなかった。そして、仕事は生きがいにはならないが、まだ仕事以外に生きがいを見つけていないと口をそろえた。若い人たちの転職と出世に対する考え方は、好景気と入手不足が重なって、急激に変化している。昨年は転職情報誌が次々と創刊され、。デュダ現象。とまで言われだした。墓尽商工会議所が毎年四月に開講している「新入社員教育講座」を昨年受けた中小企業一七九社の新入社員に実施した「中小企業新入社員の意識調査」では、男性四五七人のうち、「機会があれば転職」「将来は独立」したい人の合計は六三・三%「定年まで働きたい」は三0・0%しかいない。昇進については「人並の昇進で満足」「あまり関心がない」の合計が四四・六%で、「社長になりたい」人は二五・ニ入社した会社で定年まで働きたい人のほとんは社長の椅子を目指しているのであろう。年。で第五寧社会i勾U,か変!liJJIUIの混迷か『のんびり行こうぜ』引状はうか。東洋経済新制限社が昨年k場企業ニ社の人事課長へアンケート訓育したところ、川公を寄せた二二村の一九八一九(附利六)年入社の大・竿引子社員の雌職率は九・六%、であった。