ドイツのサラリー-時間当りの所得簡は同ドイツ以下になるつとに

ドイツのサラリー-時間当りの所得簡は同ドイツ以下になるつとに名山いが、の労働・出伎の一品さは、ているそうだから、本業の時短化が進んで川業を持つ引性が多くなっよほど勤勉なのか、あるいはん系午、育より目かな生前を求めるのか、児から逃がれたいのか。(全日本民間労働組AH述人HAぷ)のシンクタンクとして一九八七{附利六二)年に設述人立された述総午前開発研究所が行った研究報告「ゆとりある生前の柿凶」によると、日本経済が問%台の成長を就け、・5年から、毎年現令一給与を二・1%ずつ上げ、労働時川を一-二一九八九一平成助日数を三%年間労働時間はずつ減らすことがイ能で、ニ001年には収入は一。十引給休暇は年山一二一・一七、」このプランが実引されたとしても、その結決、九訓明し、O-時間に減らせると試引している。K日本の労働時間は洲、ドイツやフランスより長。その時、-えたカ引先作よりはましになる、寺、.’山時川を日本の引れがど・フ使うか、。やかに期待したいこうして見聞きすると、ニ代は好対丸と技術不新の波合受けて、社でき、その後はそこそこの給料、て午前の安定は凶れるが、瓦年以上働いても作則的ポストに就ける出みは部いと、就職は引く手あまたがけんつけられなければ、それも先柿しにくい。彼らは行きが持つ抗感力で、将米をちゃん思わない事怖が浮かび上ってくる。せいぜい労働時間の短縮に望みをかりで私生活を充実させようとい孔持になるわけである。中、高年は「今の若いそンは栂気がない。働かない」と明くが、彼らにしてみれば先は長い。スタートからダッシュすれば、中年になる前に過労死する危険?アクノストレスで不調を党え、出社担氷山、州宅担否症になりかねないから「のんびり行こうぜ」となる。人は実際の実力より以よの自分を拙いて則待をふくらませる判性があるが、共体的に受入れたくないとmザフのが析さの特徴であるPZ。中、.と見通している一川年が「主子のために」と体を張ってがんばって辿り将いた経済大同であっても、チ供の叶一代が求めたものであったかどうかは疑わしい。日本が他同にくらべ、出かで治安がよく便利な京附らしい同であると戸を大にして宣伝しても、既成事実や現実を全而的。しかし、その軒いモンは、小、い川ん年から批判を浴びる対象でもある。ひとりの力は小さい今年一月に刊行された『汗少年白書』は現代の汗少年の問也は、非行なの反社会的行第五章社会i勾汰か変動した。