そうでなくても不安を抱え込む年代であるのに、仕事に追われて考

そうでなくても不安を抱え込む年代であるのに、仕事に追われて考えられないから、あちこちに思いが散らばり、まとまりのない状態だから、何かしたい気持があっても「面倒〈きい」となってしまうようである。それにしても、八0年代後半の日本は、目先にとらわれ若者の気力を奪うめちゃくちゃをしてしまった。男のロマンは地価に埋没高度経済成長とともに育ち、「ピンポ!は知らない」と言った二岱あるが、彼らはこの数年、都心に端を発し全国的に広がった地価の急騰には、現代から未来へのかげ橋をはっぷや第五窓社会ii~汰か1NJ1JlllのjU;主力・ずされたような失望感を抱いている。未婚の二代は、住宅の必要性が迫っていないせいか、憤りは聞かれなかった。しかし、クールになりすまており、そこに失望の深さが感じられる。狂乱地価と株価の上昇は、内需に火をつけ拡大させ、日本経済は円高もあって輸入を明やし貿易黒字を減らすのには武献したが。彼らには税の家やマンションがある。行都閤ばかりではないにしても、両親がいない石塚治三さんと同人の次引をのぞく二人が長引で、社宅や間家に住んでいる阿税はいない。本人が大企業のサラリーマンであれば、社-℃もある。大企業は優秀な人材を雌川体するため‘であろう、O社宅の・弘税引きを競うようになり、問内には社此川に共同基地を川なする合楽まで呪れている。社宅に性んで、忘年後は親から相続した家に住めば、住宅問地に悩むこともないが:::。そのかわり、社宅に住み就けようすれば転職、独し止のれ山はなくなる。住宅全融公咋が昨年先ぶした「行都間住宅ぷ識調作」によると、小川駅から問0キロ悶のニ代の持ち家保布中は一R・六%だが、二から三九歳の附情で「税から家を相山町できる」のは氏九・九%。二O代の相続期待分を〈山めた必川点持ち家保布帯。はしハじ・三%にのぱる。血行間刊の淵←によると、片側叩聞で初めてマンションを購入する肘は、三000.力川内の物件を選ぶ。それがロンを合めた支払い能力の上限制なの.であろう。そうなると、立地は都心から五0キロ以上離れた所になる。東京駅を起点にする列車の距離では、東海道本線なら藤沢以西、中央本線は高尾以遠、総武本線では佐倉の手前になる。都内からハイキングに出かけるのにふさわしい地域て、最近、都心へ通勤できる限界距離、時間にあって、付近に雑木林なんかが残っていたりするとか通勤リゾート。と称されるのを見かけるようになった。